アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
【奈良・東大阪ギター教室】奈良新堀ギター音楽院
ブログ紹介
奈良新堀ギター音楽院(奈良・高の原・生駒・富雄・布施/東大阪) スタッフのブログ。
教室での出来事やコンサート・イベントの詳細やお知らせなど、ホームページではご紹介しきれない情報を公開中♪
教室の雰囲気を少しでも身近に感じていただければ幸いです。

奈良新堀ギター音楽院HP→http://www4.kcn.ne.jp/~niibori/
布施(東大阪)教室HP→http://music.geocities.jp/fuse_guitar/
レッスンや無料体験のご案内など、コンテンツが満載♪

近鉄奈良駅徒歩1分、近鉄高の原駅徒歩4分、近鉄生駒駅徒歩3分、近鉄富雄駅徒歩4分、近鉄布施駅徒歩1分
全教室通いやすい駅チカ教室です。
お子様からご年配の方まで、経験がなくても、楽譜が読めなくても、手が小さくてもご安心下さい。
きめ細かな個人レッスンで楽しくグングン上達!
学校帰りの学生さん、会社帰りの社会人の皆様にアクセスの良さが大好評!
布施教室には、石切・瓢箪山・花園・若江岩田・八戸ノ里・河内小阪・永和・布施etc、東大阪各方面からおいで頂いております。
なお、掲載文の中の記事や写真はご本人様並びにご家族様の許可を得て掲載させて頂いております。
zoom RSS

2016行く年、そして来る年2017

2016/12/31 23:50
 2016年も、4月の発表会、7・8月はサマーセミナーおよび
学校関係者の集中講座・関西中部ギターフェスティバル奈良大会、
9月はT.ツァビエルハ氏を招聘しての演奏会、12月はキャンドルコンサート、
そしてその間を縫って奈良少年院成人式祝賀演奏・
東大阪市民芸術祭・同ふれあい祭り・奈良市緑の祭典・G日本(坂本)・
奈良市タウンコンサート・同市民フェスティバル等々演奏の場も多く
おかげさまで奈良新堀ギター音楽院はとても元気に過ごしてまいりました。

 世の中は特にバブル期以降先が読みにくくなっており、
「宗教」「民族」間の対立はさらに悪化し、自然災害も私達の前に
しばしば大きく立ちふさがってきました。
 科学技術の進歩はすでに古き良き時代の価値観・道徳観から
かい離しはじめ、「利便さ」が人間本来の可能性や能力を
削ぎ始めているのでは?と悲観的になったりするのは私だけでしょうか。

 人類の、地球の、そして宇宙の時間からするとほんの微々たる
私たちの限りある時間ですが、しかしそれでも
サイレントマジョリティである私たちに出来る事は、
前を向いて、まず足元の第一歩(仕事・学業・日常生活等々)
から着実に歩んでいきたいと思います。
 2017年が皆様やその周りの方々、そして世界人類にとって
良い年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

     2016.12.31   奈良新堀ギター音楽院 院長 坂本 巧                         
記事へトラックバック / コメント


奈良新聞で紹介していただきました!

2016/12/22 13:14
関西・中部ギターフェスティバルでは「奈良新聞社賞」を設けている奈良新聞で、当音楽院を取り上げてくださいました
頑張っているギター教室として認めていただいての事と誇らしく感じます
画像
記事へトラックバック / コメント


キャンドルコンサート無事終了。

2016/12/15 18:27
お天気は?、奈良マラソンの交通規制の影響は?インフルエンザは?と数え切れな程の心配事を抱えて眠れない前日の夜が嘘のように開演と同時に大勢のおお客様にご来場いただきました。
また、出演者の方も欠席することなく今までの練習の成果を余すところなく発揮することが出来ました。
久しぶりにクリスマスの時期に開催されたキャンドルコンサートでした。
世代やジャンルを超え、ギターを通して音楽で観客や演奏者がともに楽しめるコンサートを目指した新堀寛己学長の発案通り、出演者はエレキやアコギの若者や小学生、お孫さんの応援を客席から受けてニコニコ顔のご年配の方、と幅広い年齢層でした。演奏曲もジングルベルなどの定番のクリスマス曲や365日の紙飛行機等、耳慣れたものから坂本先生のオリジナル曲「賛歌・火の国」のように壮大かつドラマチックな大作までバラエティーに富み、ソロや重奏、50名編成の大合奏とギターの魅力を味わっていただけたのでは・・・。差し詰め彦摩呂風に言うと「ギターのちらし寿司や〜!」  
 お越し下さったお客様、出演者の皆さん、お手伝いしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
画像

画像
記事へトラックバック / コメント


12月に入って、街は…

2016/12/08 14:23
12月に入ると、街の至る所にクリスマスグッズのデコレーションとクリスマスソングがあふれ、クリスマスムードがどんどん盛り上がってきます 以前ほどではないにしろ、閑静な住宅街のお家やお庭のイルミネーションに、忙しくなる一方の年末、疲れて帰る車のなかで、その輝きに癒されるのは私だけではないと思います

そんな時、高の原教室の生徒さんから「近くのショッピングセンターの広場がすごいことに!」との情報が・・・
高の原教室は、高の原駅から徒歩4分、イオンタウンや図書館、医療ビルなど生活環境が整い、非常に便利な所にあり、お勤めや学校帰りに便利です。また駐車場もあるのでお子様の送り迎えにお買い物をされる保護者の方もあり、幅広い年齢層の方がレッスンに来られる教室です。
その高の原教室とは線路を挟んで反対側になりますが、「近商」前の広場に素敵なクリスマスイルミネーションが・・・藤棚を囲む丸い植え込みの下にはちょっとしたステージがあり、以前私達の合奏団も演奏した場所ですが、昼間はご年配の方がお買い物の荷物を置いて一休みしたり、学校帰りの学生さんが話し込んでいるフツーの広場です。が、午後5時になると・・・ジャジャジャジャーン
画像

意外と高の原教室の生徒さんでもご存じないかも知れませんが、一見の価値あり今、高の原駅周辺の散策には、近商広場のイルミネーションと奈良新堀ギター高の原教室、お勧めします
記事へトラックバック / コメント


芸術の秋・・・・・・パート2

2016/11/29 15:21
11月20日・・・「なら市民フェスティバル音楽部門」が秋篠音楽堂にて開催されピアノや声楽バイオリンなど色々なジャンルの出演グループのなかに合奏団のナイスおじ様アンサンブル「慈音」がエントリー。「慈音」は発表会で坂本先生のオリジナル曲を演奏する為に結成され、以後さかもとさとしオリジナル曲でレパートリーを増やして今年はウクレレが入った「渚の恋を知っている」で勝負をかけてきました。最近は(?)洗練されたナイスミドルの衣装にも注目!夏の慈恩さんはアロハで決めて、秋の慈音さんはダンディに!
画像

11月23日・・・奈良ギターフェスティバル。ここ数年教室イベントと時期が重なり参加できなかったのですが、今年はキャンドルコンサートが12月に開催されることになって久々に参加させて頂きました。プログラムは坂本先生が女性アンサンブルの為に書き下ろした「暁(あかとき)露に」第一合奏団の女性が赤いドレス姿で甘い調べを情感たっぷりに演奏。目にも耳にも心地よさがひろがりました。続いて男性が参加しての「花宴」はパーカッションが入りドラマチックで生駒教室からの合奏団員中学生のY君が大活躍でした。その後はがらっと雰囲気が変わり小学2年生から中学生までのキッズアンサンブルを中心にアコギや鍵盤ハーモニカで軽快にマウンテン・サウンドを演奏。小学生と雖も侮るなかれ4歳ごろからレッスンを受けている子たちもいて舞台度胸は満点。アコギのストロークの軽やかさやリズムの乗りは大人顔まけでした。最後は第一合奏団のメンバーも参加して「ルパン三世のテーマ」で締めくくりました。これらの曲は12月11日のクリスマスキャンドルコンサートでも演奏しますのでぜひお越しください。

今シーズンも色々な所で様々な形のコンサートに参加させていただくことができました。そしていよいよ12月には新堀ギター音楽院の神髄ともいえるキャンドルコンサートです。子供さんからご年配の方までがともに演奏し、ジャンル(クラッシック・ポピュラー)や楽器(アコギやエレキ)の壁を越えソロあり重奏あり合奏ありの一年を締めくくるコンサート。スタッフ、並びに生徒の皆さんも準備や練習に張り切ってます。どうぞお楽しみに。
記事へトラックバック / コメント


芸術の秋・音楽の秋・コンサートの秋・今シーズンも色々パート1

2016/11/25 15:13
秋も深まりもう冬の足音が・・・秋のコンサートシーズンに今年新堀ギター音楽院として参加したコンサートを振り返ってみました。
9月15日・・・第35回奈良市文化祭「なら市民フェスティバル2016」のタウンコンサートがはぐくみセンターで開催されました。奈良新堀ギターカルテットが出演しその様子が奈良新聞に掲載されました。
画像

9月18日・・・奈良県大芸術祭参加、奈良新堀ギター音楽院主催「トマッシュ・ツァヴィエルハギターコンサート」。
歓迎演奏として杉山夫妻の複弦チェンバロギターの2重奏「平城山幻想」、夢鹿のメンバーによる「ロック・オブ・モーツァルト」で日・独の友好を表してツァヴィエルハ氏の鍛え抜かれたテクニックよるクラシックギターの名曲と続きアンコールにはソプラノとの共演までありギターの魅力に充分酔いしれたコンサートになりました。
画像

10月16日・・・前述のタウンコンサートの一環で杉岡華邨書道美術館におい夢鹿が演奏してきました。千本桜などの迫力ある演奏の他アコギやウクレレなどの多彩な楽器を駆使したプログラムで観客から大きな拍手をいただきました。
画像

10月27日・・・同じく和楽園の演奏は奈良新堀ギタートリオがあまちゃんのテーマや秋の童謡メドレーの親しみやすい曲やみんなで歌いましょうコーナーでお年寄りの方たちとの交流を深めました。
画像

10月29日・・・生駒教室で生徒さんのミニコンサート「マンスリーコンサート」をしました。人前で演奏する度胸試しの新人さん、ベテランさんの演奏を聴いて目標や励みされる生徒さん、先生のプレゼント演奏や生徒さん同士の親睦と和やかかつ有意義なひとときでした。
記事へトラックバック / コメント


奈良新堀ギター・チャリティXmas(キャンドル)コンサートにむけて パート2

2016/11/10 11:57
11月6日(日)、キャンドルコンサートの為の2回目の練習会が行われました。前回(10/9)では、さすがに季節的に早いという事で練習しなかったクリスマス曲も、今回は『ジングルベル』や『見上げてごらん夜の星を』(星つながり?)等の練習が始まりました。今回初出場の新人さんも経験豊富なベテランさんも和気あいあいで、「ここの指使いは…」「弦はいつ頃変えるのが…」と会話も弾み、熱気溢れる練習会になりました。

ところでクリスマスソングの定番「きよしこの夜」。今年のキャンドルでも演奏しますが、その誕生秘話をご存知ですか?
クリスマスの前日、オーストリアの小さな村の教会のオルガンは、鼠にかじられて壊れてしまいました。そこで教会の奉仕者が書いた歌詞に、村の音楽教師が急いで曲を付け、ギターで演奏したというエピソードです。音楽教師は最初、教会で小さなギターを弾いても誰も気に入らないのではと懸念していましたが、クリスマスのミサは無事終える事が出来ました。
画像

新堀ギター音楽院創始者新堀寛己学長は『小さなギターで人々は心の安らぎを得られる。心安らぐ音楽を楽しめる世の中こそ平和への道筋である』と考え、<span style=color:#e00>キャンドルコンサート
を始めました。以来本部では50年以上も続けられているクリスマスコンサートです。
奈良新堀ギター音楽院でもその精神を受け継ぎ、開校以来、クリスマスの時期に開催していましたが、ホールの予約(クリスマスイベント満載の12月は予約が殺到!)や、教室のイベントのスケジュールの都合(芸術の秋から年末年始までいろんなイベントが交錯します!)で、ここ数年クリスマスとは言えない時期の開催が続いていました。しかし!今年は
12月11日(日)の開催となり、出演者・スタッフ一同クリスマスモードで張り切っています。
画像

11月27日(日)は最後の練習会、そして2週間後の本番!寒さも本格的になってきます。万全の体調管理でキャンドルコンサートに向けて頑張りましょう!!

画像
記事へトラックバック / コメント


奈良新堀ギター・チャリティXmas(キャンドル)コンサートにむけて

2016/10/19 11:21
10月9日(日)、100年会館小ホールに於いて
キャンドルコンサートの為の1回目の練習会が行われました。
市民オケ(MO)参加の皆さんは普段は個人レッスンなので
他のメンバーとは、8月の関西、中部ギターフェスティバル以来の顔合わせです。
「お久しぶり」「あの節は・・」の挨拶から始まりましたがあっという間に合奏モード。

MO、第1、第2、布施、きっず各合奏団とも普段とは違う広い会場でのびのびと
合同合奏練習を楽しんでいました。

記事へトラックバック / コメント


友、遠方より来る。パート2

2016/10/18 13:33
前回、「友、遠方より来る」でスペインからのお客様・高木氏への
奈良のお土産について書かせていただきましたが、
その後関西・中部ギターフェスで各地の先生方・生徒の皆さん、
そしてドイツからのお客様トマッシュ氏をお迎えし、
またまた奈良のお土産に頭をなやましていました。

そして先日、岐阜から私の大学時代のギタークラブの後輩が奈良に。
今回のお客様は距離的にははさほど遠方ではないのですが、
なんと30年以上の時を経て再会。
卒業以来というこでどう変わっているかと恐れと期待で待ち合わせ場所に行くも
10分でもう心は青春時代に・・・。
まさに友、時空を超えて遠方より来たりのひと時でした。

さて奈良のお土産についてですが、
好みは?、日持ちは?荷物の負担には?と迷うことが多く頭を悩まします。
幸い私の友人やお迎えするお客様は何かしらギターや音楽に関わりが多く、迷ったときは、
螺鈿細工が美しい正倉院御物『五弦の琵琶』をあしらったものをチョイスしています。
私自身も10数年前に正倉院展で手に入れた『五弦の琵琶』のキーホルダーを
カバンに付けて喜んでいます。

【自虐ネタ】です。
スペインやドイツに行った時も各国のお土産は数々あるのに、
何故かギターやモーツァルト等のキーホルダーを買い集めてしまい、
妻に「どれだけ鍵を持つの?」と呆れられていました。

画像
記事へトラックバック / コメント


嬉しい訪問者

2016/09/17 19:03
ソプラノの木村能理子女史とツアー中のトマッシュ氏がお忙しい合間を縫って奈良教室を訪問して下さいました。木村先生が通訳をしてくださり和食のお昼で楽しいひと時を過ごしました。
「どこか観光は?」の質問に「ホテルや知り合いに部屋を提供してもらい練習を」との答えでした。
そういえば30何年も前、まだ大阪にいた頃、来日したセゴビアのエミリア婦人とご子息の奈良観光に車を手配する機会があり、あわよくば巨匠のお姿をとカメラマンに同行したところ、部屋に籠って練習をされているとの事。 共通する演奏に対する真摯な姿に改めて敬服しました。
そして先ほど秋篠音楽堂での木村能理子ソプラノリサイタルを拝聴し、お二人の演奏に酔いしれて帰って来ました。
お一人お一人がソリストとして一流の素晴らしいアーティストというだけでなく、イタリア歌曲やシューベルトの二重奏におけるお二人の絶妙の間、呼吸、アイコンタクト、素敵な笑顔など・・・あらためて勉強になりました。
明日のギターリサイタルも皆さんに喜んでもらえるものと確信しています。
今日は素晴らしい音楽と感動をありがとうございました。
画像
記事へトラックバック / コメント


続報! 第25回関西・中部ギターフェスティバル

2016/09/14 13:06
8月28日開催の関西・中部ギターフェスティバルの続報です

画像


当音楽院関係の受賞者は以下の通りです
合奏部門
金賞/奈良県知事賞・・・・・・なら・東大阪合同市民ギターオーケストラ
 銀賞・・・・・・奈良新堀ギター合奏団
 銅賞・・・・・・布施ギター合奏団、ギターアンサンブル「あしび」
重奏部門
 銀賞・・・・・・ギターアンサンブル「慈音」
独奏部門
 金賞・・・・・・木村文彦さん
 奨励賞・・・・・・山下時子さん、仲谷理恵さん
 努力賞・・・・・・上村正治さん
ジュニア独奏部門
 金賞・奈良市長賞・・・・・・平健太郎君
ジュニア重奏部門
 銀賞/奈良新聞社賞・・・・・・三宅優生さん・三宅愛未さん・三宅恵未さん

ジュニア独奏部門の受賞者平健太郎君は小学6年生。1年生から生駒教室でレッスンを始めました。現在、合奏団に所属し、発表会やコンサートなどでの演奏経験が豊富で、落ち着いた演奏と大人顔負けの表現力が審査員の先生方から高い評価を得ました。
画像

ジュニア重奏部門の受賞者三宅さんはお姉さんと双子の妹さんの3姉妹。幼稚園からギターを始めた妹さん達と続いて始めたお姉さんの3人で毎週高の原教室に来られます。姉妹で三重奏に初めてチャレンジしたのは今年の発表会。さすがに息の合った演奏と、女の子らしいやさしい雰囲気が「夢見る人」の美しいメロディーをひきたて聴衆の心をつかみました。
画像


受賞者の皆さん、本当におめでとうございました
記事へトラックバック / コメント


速報!

2016/08/30 11:51
8月28日(日)、なら100年会館にて関西・中部ギターフェスティバル(関西2府4県から200名の出演参加)が開催され、なら・東大阪合同市民ギターオーケストラが合奏部門金賞と特別賞の2冠を受賞しました。
その他の受賞者は追って、教室掲示版に掲載いたします。
みなさん、おめでとうございました。
また、当日朝早くから各地を出発されおいで下さった出演者のみなさん、裏方のお手伝いをしてくださったみなさん、ご苦労様でした。
そして有り難うございました。
写真は、365日の紙飛行機を演奏する、なら・東大阪合同市民ギターオーケストラの皆さんです。
画像
記事へトラックバック / コメント


おもてなしのの心で

2016/08/25 20:45
オリンピックの応援で寝不足気味の身体にこの猛暑はきつい!と叫んでいたのが、気が付けば閉会式。オリンピックロスの毎日です。
天理大の大野選手やバドミントンの高橋選手の活躍に、県民魂に火がつき、マラソンの伊藤舞選手の出身校、平城東中学校の近くの高の原教室では、同校出身の生徒さんや関係者が母校愛に燃えました。
極め付けは、合奏団のKさんが、ケンブリッジ飛鳥さんのご親戚ということで、毎日話題に事欠かないオリンピックウィークでした。
スポーツの祭典の次は、いよいよ関西・中部ギターフェスティバル。
この日曜日(8月28日)に、岐阜、名古屋、三重、京都、大阪から200名近くの出演者が、なら100年会館にお越しになります。
プログラム作成、当日の役割分担、舞台の進行表、ぬかりはないかと何度も見直す毎日です。
奈良から参加の生徒さんや、第一、第2合奏団、布施合奏団の皆さんは演奏もあって大変でしょうが、他府県のみなさんをおもてなしの心をもってお迎えください。
画像
昨年は、三重で私たちがおもてなしの心を頂戴しました。
記事へトラックバック / コメント


休み明けが待ち遠しい

2016/08/16 20:26
教室は11日〜17日までお休みです。教室には学生さんから社会人まで大勢の生徒さんがレッスンに来られており、お盆休みの計画を語っていらっしゃいましたが休み明けにその話を聞くのが楽しみです。お孫さんたちが来られる、田舎に帰省、海外にバカンス・・・。
そういえば、布施教室の坂本寛治くん、妹さんとレスリングも習っていて、オリンピックの応援楽しみに話していてくれましたね。今年はリオでのオリンピック開催ということで教室でも7月30、31日のサマーセミナーでブラジルの作曲家、ヴィラ=ロボスをとりあげたり、手作り楽器でサンバのリズムに挑戦などブラジルを意識した講座を開催しました。
妹さんと参加してくれた寛治くんもサンバのリズムで「風になりたい」を一生懸命演奏してくれてました。オリンピックも連日日本選手が活躍して応援に熱が入ります。これからレスリングも始まるのできっと妹さんと手作りアゴゴやスルドで応援されることと思います。休み明けのレッスンでお話しするのが楽しみです。
画像
記事へトラックバック / コメント


ささやかな楽しみ

2016/07/19 19:13
昨日は海の日、海のない奈良県民としては海の話題をニュースで見てはちょつぴりうらやましく思ってしまうのです。
北の日本海、南の太平洋、東に行って伊勢湾、西に向かって大阪湾と海に行きつくまでやっぱり時間がかかってついつい海と疎遠になってしまいます。
そこで今晩はウクレレをつま弾きながら、風呂上がりのビールをブルーハワイやモヒートに変え気分はハワイのワイキキあたりに・・・。
画像
記事へトラックバック / コメント


生駒のラムネ

2016/06/15 17:40
遠方からのお客様をお迎えしたときや、地方に演奏に出かけたとき、奈良のお土産に何がよいか、いつも考えてしまいます。
ギターを持っての奈良漬は重いし、柿の葉寿司は日持ちがしないし・・・。
今回たまたま生駒のレインボーラムネが、事務職のTさんのご努力で抽選の難関を突破し手に入ったので、わずかですがお持ち帰りいただきました。味には自身がありますのできっと美味しいと思っていただけるかと。
生駒から沼津や湯河原へ。近々西荻窪の友人宅にも、そこにはフランス在住の娘さんが・・・。コロコロコロコロと生駒のレインボーラムネが転がって、どこまで行きつくか楽しみです。
さて、今回のお土産は、ラムネと次回奈良に来られる時の為のガイドブックと琵琶の模様のブックカバーでした。
画像
記事へトラックバック / コメント


友、遠方より来る。

2016/06/15 15:11
先週の日曜日、沼津よりNさんとIさんが旅行途中で訪ねてくださり、一緒にスペイン演奏旅行に行った杉山先生ご夫婦や沼津出身のⅯさんと思い出話やあの人この人の近況報告で盛り上がりました。
明けて火曜日にはスペイン在住のギターリスト高木真介氏が、名古屋、広島、各地でのコンサートツアーの合間を縫ってご実家の湯河原から顔を見せて下さいました。
何のおもてなしも出来ず恐縮でしたが、丁度法華時の国宝十一面観音の御開帳で教科書に載っていたあの有名な仏像の実物を見てきました。
画像
記事へトラックバック / コメント


連休中にも演奏しました♪

2016/05/24 17:16
10連休のスーパーGWだった方も、お休みなしの頑張るGWだった方も通常モードに戻る5月下旬になりました。
爽やかな空気が嬉しい、人にも楽器にも優しい季節ですね。

連休中のイベントを2つ、ご報告します!

5月5日、毎年恒例「奈良ギターフェスティバル独奏重奏演奏会」がやまと郡山城ホールの小ホールで開催されました。
大人顔負けの舞台度胸で「ヴィラ=ロボス」を熱演した生駒教室のT君、実は小学6年生ながら「奈良新堀ギター合奏団」の団員なんです 
もちろん最年少

画像


そしてGW最終日の8日、こちらも恒例の「東大阪市民ふれあい祭り」で布施教室合奏団の皆さんが演奏しました
このような地域の方々との交流はとてもうれしいイベントです
舞台と客席が一体となる瞬間をとても大切にしています

応援や演奏を聴きに来ていただいた方々、ありがとうございました
そして出演された生徒の皆さん、お疲れ様でした
記事へトラックバック / コメント


お見舞い申し上げます

2016/04/28 14:43
熊本の最初の地震から2週間。過去に例を見ない規模の前震、1000回を超える余震におびえ、不自由な避難所生活を強いられておられる皆様に、心からお見舞い申し上げます。
南阿蘇村の崖崩れの映像に、2011年十津川での崖崩れの光景が重なり、その被害の大きさ、自然の脅威に恐れるばかりです。
こんなとき私たちに出来る事は何かを考え、つきなみですが各教室に募金箱を設けさせていただきました。

画像


「頑張ってください!」という言葉が憚られるほどの辛く困難な状況が一日でも早く改善され、以前の暮らしに少しでも近い毎日が送れますように!私たちは応援しています。
記事へトラックバック / コメント


− タイトルなし −

2016/04/15 17:49
発表会の感想をブログにアップしようと
昨夜レッスンが終わって家に帰ってからテレビをつけると熊本で地震が・・・。
一夜あけて被害状況が次々とテレビに映し出され、
阪神淡路大震災や東日本大震災を思い出される光景に驚いてます。
余震の続く中、また不安な夜を迎えようとしている
被災者の方たちのお気持ちを思うと
発表会の感想どころではありません。それはまたの機会にして
どうかこれ以上の被害がでませんようにと
被災地の皆さんのご無事を祈るのみです。
                          奈良新堀ギター音楽院 院長坂本
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

【奈良・東大阪ギター教室】奈良新堀ギター音楽院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる