【奈良・東大阪ギター教室】奈良新堀ギター音楽院

アクセスカウンタ

zoom RSS 発表会にむけて

<<   作成日時 : 2017/03/23 13:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

生徒さんが、日頃の練習の成果を披露する「発表会」は「キャンドルコンサート」と並ぶ奈良新堀ギター音楽院のメインイベント私たち講師・スタッフ一同は、この大イベントの為に1年を通して全力で準備を進めます。
画像


まず開催日を決めてホールの予約…といきたいところですが、希望の日に希望のホールを押さえるのはなかなか難しく、何カ所かのホールをあたったり、時にはホール取りの抽選会に出向いたり(こんな時の担当者は責任重大なので、恨みっこなしのジャンケンでその勝者が担当します。)。それでも取れなければ開催日を変えて調整します。ようやく開催日が決まったら、少しでも早く生徒の皆さんに予定していただけるように、教室内のレッスンカレンダーやポスター、さらにホームページでお知らせします。

そして発表会当日までは、何度も話し合いが繰り返されます。当日はもちろん練習会や試演会のタイムスケジュールや作業分担、ポスター・チラシはどうするか、プログラムの作成等・・・課題はやまほどあります。
なかでも最も力が入るのが選曲です
この生徒さんのチャレンジ曲はこれ!
この生徒さんの上達過程でこの曲は外せない!
この生徒さんには今度こそご希望の曲を!
生徒さん同士の相性や好み実力などを考慮しての重奏や多重奏のおすすめなども考えます。同じ様な曲ばかりもダメですから選曲は結構大変です。
また、今は弾けない曲が弾けてこその発表会です。ご希望の曲でも、どうしても押さえられない部分があればアレンジで何とか曲を損ねず弾きやすくできないか考えます。例えば右手のフォームの修正にはどんな曲が良いかなどを考え、生徒さん各々に目標を設定して上達できる曲を選曲します。初めてのご出演で独奏を尻込みされている生徒さんに、同じぐらいのすすみ方で話題も合いそうな方とのグループでの演奏をアレンジしたりもします。
だから発表会が終わった瞬間から翌年に向けて始動しています!!

おひとりおひとりの好みや達成度など考慮して選曲し、仕上げていく過程は、地道な作業ですがとても楽しみです。ベテランの先生に相談する若手講師。夜の更けるのも忘れて楽譜に向き合う先生たち…音楽職人です。
会議やレッスンの合間の話し合いで徐々にアウトラインが鮮明になり、演奏曲が決まってレッスンが進み、メロディーは誰々さんに弾いてもらってここは2ndを目立たせて…と更なるアレンジを加えたり、生徒さんたちがどんどん課題を克服して曲が完成させていくころには発表会の予想図もモノクロから極彩色になってきます

そして2017年の発表会まで約3か月!いま、生徒さんと二人三脚で曲の完成に取り組んでいます。
今年の発表会は6月25日秋篠音楽堂乞うご期待!

月別リンク

発表会にむけて 【奈良・東大阪ギター教室】奈良新堀ギター音楽院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる