【奈良・東大阪ギター教室】奈良新堀ギター音楽院

アクセスカウンタ

zoom RSS ら・ら・ら・クラッシック! アンドレス・セゴビア特集

<<   作成日時 : 2017/07/27 10:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日、NHKの番組で20世紀のギターマエストロ、アンドレス・セゴビアを取り上げた番組が放映されました。その時間はレッスンで見られないのでビデオに録画したら、講師やスタッフが見たいということで、この日曜日、急きょ我が家で鑑賞会となりました。
 ギターのレパートリーの拡大。前古典〜バロック・古典・ロマン派の曲をギター曲へ編曲。近・現代作曲家へのギターコンチェルト等の作曲依頼。貴重な映像と共にその功績が紹介されていました。その他コンサートホールや管弦楽との共演に耐え得るギターの大型化や独特の美音(いわゆるセゴビアトーン)についてギタリストの村治佳織氏や手塚健旨氏が解説していて、私達にとっては有意義で興味の尽きないひと時でした。
  大半は今までにも見たことの有る映像でしたが、貴重な演奏や公開レッスンの様子が見れてとても良かったです。特に私の好きな曲、トロバのファンダンギーリョの自由で愛情溢れる、格調高くも自己主張の強い演奏には感動しました。
 1987年97歳で亡くなって今年で30年。生前の来日演奏を聴いた者が2名。後はまだ赤ん坊だったとか。中には生まれる前だという若い講師も食い入るようにその映像を観ていました。
 ひとりの偉大な天才が成しえた偉業。没後30年間、私達がギターに関わり続け何をなしえただろうかと思いを巡らせていました。セゴビア先生に日本人で最初にレッスンを受けた人が阿部保夫先生。阿部先生の高弟が新堀寛己先生。その弟子坂本。奈良新堀ギター音楽院の生徒の皆さんや講師にセゴビア先生の深いギター愛を受け継ぐことができますように・・・

月別リンク

ら・ら・ら・クラッシック! アンドレス・セゴビア特集 【奈良・東大阪ギター教室】奈良新堀ギター音楽院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる