【奈良・東大阪ギター教室】奈良新堀ギター音楽院

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴールデンウイークお疲れ様でした。パートU

<<   作成日時 : 2017/05/23 15:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

例年5月5日は、やまと郡山城ホール(小ホール)にて奈良ギターフェスティバル主催『ギター独・重奏会』が開催されます。連休中という事でスケジュールの都合がつかず、お手伝いや応援に参加できないことが多い会ですが、当音楽院からも毎年数組が出演しています。今年の出演者の選定に際しては、特に記念すべき20回目という事で、「独奏はやはり長年に亘り合奏団の団長を務めて下さっているM・Uさんしかない」とすんなりと決定。重奏は、女性ならではの優しい音色や感性の表現を目指す「はなことば」さん、ダンロク(新堀ギター重奏団。アグレッシブなパフォーマンスで観客を魅了している。)の曲を弾きたい一心の5人組。実は出演規定の関係で5人編成にアレンジし直した「ダンロクならぬダンゴ(団子?)、男女混合だからフツーのクインテット?」さんが出演と相成りました。

久し振りに聴くの団長さんの『カバティーナ』。説得力のある丁寧で情感たっぷりの演奏はアロマの香りのように…心まで癒されました
今年の「はなことば」さんは、メンバー若干変更の「新生はなことば」で参加。初出場でどうなる事やらとちょっぴり気をもみましたが、全くの杞憂。赤いドレス姿も艶やかに、聖子ちゃんスマイルよろしく、メンバー間のアイコンタクトも決まって「赤いスイトピー」を演奏しました
そしてダンロク リスペクト集団「ダンゴ・・・団子」 実は合奏団の中学1・2年生2人が参加したダンロク特別編成です。子供の日の開催ということで最後の登場でした。
曲目は可愛いらしく「黒猫のロンド」・・・いやいや!さすがダンロクレパートリー!叩きあり、ブラッシングありと盛りだくさんのパフォーマンスをよくぞ練習しました あっぱれ中学生 弾きたいという情熱は何物にも勝るエネルギーとなるのですね 
20回記念ということで、奈良ゆかりのプロギタリスト金谷幸三さん、田中順子さん・稲側雅之さんのゲスト演奏もあり、1時開演から5時間の長丁場にもかかわらず沢山のお客様が楽しまれた会でした。
裏方で舞台や進行をして下さった方々、当日までの準備をしてくださった実行委員会の皆様、そして出演者並びに応援に駆けつけてきてくださったご家族やお客様。本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

最後に…大和郡山城ホールがちょっと楽しくなっていました
エントランスに置かれた改札口には金魚。更に金魚の顔出しパネルも
画像


月別リンク

ゴールデンウイークお疲れ様でした。パートU 【奈良・東大阪ギター教室】奈良新堀ギター音楽院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる